昭和グループ沿革

1949年04月 : 神奈川県川崎市の向川原に、個人で一般板金制作加工業を目的として発足。
1951年09月 : 資本を投下し法人組織に変更、「昭和興業株式会社」を設立。
1965年01月 : 工場の拡充と共に、商号を「昭和工業株式会社」とする。
1971年05月 : 品質及び生産性の向上に重点を置き、秋田県鹿角市に秋田工場として「十和田精密工業株式会社」を設立。
1973年12月 : 昭和工業は、本社としての機能増強のため、神奈川県川崎市の武蔵小杉に本社ビル(現本社)を建設し、そこに移転。
1979年07月 : 十和田精密工業にFMS導入のため、第二工場を稼働させる。
1984年07月 : 設計の需要増に対応するため、設計部門を独立させ、「昭和テクノス株式会社」を設立。
1985年07月 : 十和田精密工業の受注増に伴い、第三工場を稼働させる。
1986年06月 : 関連会社の経理部門を統括させるために、財務部門を独立させ、「マネージメントプランニングシステム株式会社」を設立。
1987年12月 : 十和田精密工業の受注増に伴い、第四工場を稼働させる。
1989年03月 : 東北地区の顧客開拓と人員確保のため、昭和テクノス盛岡事業所を開設。
1989年08月 : 板金加工後の組み立て専門工場として、昭和工業花巻工場を岩手県花巻市に設立。
1992年11月 : 物流経費の軽減と効率化を目的とし、十和田精密工業の運送部門を独立させ、「昭和物流株式会社」を設立し、同時に一般貨物運送事業の免許を得る。
1994年02月 : 業務効率化のため、昭和工業と十和田精密工業の業務を統合し、十和田精密工業株式会社・本社、秋田工場、花巻工場に改名。
2003年04月 : 十和田精密工業・本社、秋田工場、花巻工場でISO9001:2000を取得。
2006年04月 : 精密板金加工(特定部門)に特化した「STM株式会社」を秋田県男鹿市に設立。
2006年10月 : 十和田精密工業・本社、秋田工場、花巻工場でISO14001:2004を取得。
2007年10月 : 十和田精密工業は、社員の福利厚生と関連会社の利便性を考慮し、秋田工場敷地内に自社ガソリンスタンドを建設。