昭和グループCSR調達指針について


[1.環境保全]
  環境方針に基づき、環境マネジメントシステムの構築を推進するとともに、環境負荷が少
 なく、有害物質を含まない製品・サービスを供給します。

[2.法令遵守(コンプライアンス)]
  国内、海外を問わず、法および社会規範を遵守し、いかなる場合もこれらに違反しません。

[3.人権尊重・労働・安全衛生]
  一人ひとりの人権を尊重し、人種、皮膚の色、宗教、信条、性別、社会的身分、障害等に
 よる不当な差別やセクシュアル・ハラスメントなどの人権侵害行為をしません。また、その
 ような行為を助長または許容しません。従業員の安全と健康のため、快適な職場環境を実現
 します。児童労働、強制労働を行いません。

[4.製品・サービスの安全性・品質の確保]
  製品・サービスの安全性と品質を確保します。

[5.情報セキュリティの維持・推進]
  自社および第三者の情報・情報システムを適切に保護するため、情報セキュリティを維持
 ・推進します。

[6.公正取引・企業倫理 ]
 1.公正な商取引
   公正、透明、自由な競争を尊重し、不公正な手段による商取引を行いません。

 2.秘密情報・個人情報の保護
   自社で保有、流通している情報は、自社の秘密情報、第三者の秘密情報、個人情報など、
  その種類に応じて適切に利用、管理します。

 3.知的財産の保護
  知的財産は、企業活動を支える重要な経営資産であることを理解し、その権利の法的意味を
 よく認識した上で、権利の取得・確保、活用に努め、自社の権利を守るとともに、他社の知的
 財産を尊重します。

 4.贈収賄等の禁止
  取引先に対する贈賄および業務上の立場を利用した収賄、強要、横領等を行いません。

[7.紛争鉱物問題への対応 ]
  紛争鉱物にかかる企業の責任を重要なCSR課題としてとらえ、グループ会社や取引先と連
 携して調達活動におけるサプライチェーンの透明性の確保と責任ある鉱物調達の実践に取り組
 みます。